清田消防団の令和元年度消防総合訓練大会が6月23日(日)、清田区総合庁舎で行われまし。消防団員95人が参加、日ごろの訓練の成果を競い合いました。

 大会は、北野、平岡、清田、里塚の4つの消防分団ごとに、小隊訓練や総合訓練を行い、その正確さと迅速さを競い合うものです。

 小隊訓練では、指揮者の号令の下、軽快に整然と移動する正確さを競いました。

 総合訓練では、小型ポンプ操法訓練や負傷者の止血・固定処置を行う救護訓練、鉄棒に縄を括り付けるロープ結索訓練などを披露しました。

 最優秀分団は今年も北野分団で、大会3連覇となりました。

 来場者向けのPRイベントとして、清田やまびこレディース隊によるAEDを使用した人命救助の寸劇や清田区防火委員会と清田区少年消防クラブ協議会によるバケツリレーも行われました。

 また、平岡中学校のスクールバンドによる演奏、札幌国際大学のチアリーディング部による演舞もあり、大会を大いに盛り上げました。
「ひろまある清田」より転載