清田区の厚別川(清田区内では「あしりべつ川」と呼ぶことが多いです)の国道36号線と旧道の間に4月19日(日)、鯉のぼりが80匹、掲揚されました。今年で18年目、今ではすっかり清田区の春の風物詩です。

NPO法人あしりべつ川の会の皆さん

 これは、清田区のボランティアグループNPO法人「あしりべつ川の会」が毎年、この時期に掲揚しているものです。川の両岸を長さ約60メートルのワイヤーロープ3本で結び、そこに大小さまざまな鯉のぼりを取り付けました。

 2003年から始めて、今年で18回目となります。早速、見物に訪れた人たちは、「わあ、すごいね」「すごく大きい鯉のぼりもある」と歓声を上げて見上げています。

 厚別川(あしりべつ川)は、平岡公園梅林、白旗山と並んで、清田区の3つのシンボルとされています。

 「あしりべつ川の会」は、鯉のぼりの掲揚のほか、あしりべつ川河川敷のごみ拾い、河川敷パークゴルフ場の管理、夏に行うあしりべつ川体験塾など、あしりべつ川を活かしたまちづくりを進めるボランティアグループです。

 あしりべつ川河川敷は、密集、密閉、密接にはならないと思いますので、ちょっと鯉のぼりを見て気分転換してはいかがでしょうか。

 80匹のこいのぼりは、区民から寄贈されたものなどを用いています。こいのぼりは5月6日(水)に降ろすそうです。それまでは川風に吹かれて、春の清田区の空を泳ぎ続けます。

「ひろまある清田」より転載